2020年10月18日先端技術昔ながらの匠のアイディア情報、健康と環境復興改善研究


2020年10月17日先端技術昔ながらの匠のアイディア情報、健康と環境復興改善研究




2020年10月15日先端技術昔ながらの匠のアイディア情報、健康と環境復興改善研究














2020年10月13日先端技術昔ながらの匠のアイディア情報、健康と環境復興改善研究






2020年10月11日先端技術昔ながらの匠のアイディア情報、健康と環境復興改善研究








2020年10月05日先端技術昔ながらの匠のアイディア情報、健康と環境復興改善研究






2020年10月03日先端技術昔ながらの匠のアイディア情報、健康と環境復興改善研究








2020年10月02日先端技術昔ながらの匠のアイディア情報、健康と環境復興改善研究












2020年10月01日先端技術昔ながらの匠のアイディア情報、健康と環境復興改善研究








2020年09月30日先端技術昔ながらの匠のアイディア情報、健康と環境復興改善研究














ShuzouArakakiⓇ周超音波研究所・周鮮魚の始まり2007年日記より

輝度に有意差を認めたので報告します。

実験方法

使用装置 本多電子製医療超音波診断装置HS-1500

使用プローブ 5-7.5-10MHzマルチ周波数リニアプローブ

設定     中心周波数5MHz レンジ40㎜ 単フォーカス ゲイン96㏈ 

ダイナミックレンジ75㏈ モニターガンマr-1設定

検体  サンプルa株式会社アクアサイエンス製造Gmo調合液2リットルペットボトル

    サンプルb株式会社アクアサイエンス製造2リットルペットボトルに水道水を入れ替え

実験

1写真に示すように密着を良くするためにゼリーをプローブに塗布しラップをかぶせた。ペットボトルは平滑な面がペットボトル4隅にありそこにプロ部密着させ観察開始。底面までの深度11センチ

プローブにゼリーを塗りラッピング



ペットボトル平滑面に密着観察



ペットボトル対角線状にビームを照射







超音波プローブを静かに密着観察、静的観察 

高輝度信号が点滅して且つ移動して観察される

多重反射アーチファクト








高輝度信号は高く発生頻度は低い

多重反射アーチファクトを明瞭に認める。水道水と同一場所に発生しているのでプローブビーム方向は同じ対角線状に照射観察したことがうかがえる







結果報告

①水道水に比較して深層水Gmoに明瞭な多重反射アーチファクトの発生を認める


②深層水Gmoに比較して水道水にキャビテーションの発生を多めに認める


③水道水に比較して深層水Gmoに明瞭なキャビテーション輝度上昇を認める


④水道水の点滅高輝度信号は、3㎜前後幅のスリット状輝度で観察される


Gmoの点滅高輝度信号は、1.5㎜前後幅のスリット状輝度で観察され発生頻度は水道水より低く輝度レベルは水道水より高い




超音波プローブをポンピング密着観察、ダイナミックテスト観察

プローブ密着面はこちら側であり、プローブで振動を与えている


反対側(底面)より湧き上がるように発生したキャビテーションの渦が観察される




プローブ密着面はこちら側であり、プローブで振動を与えている



反対側(底面)に変化は感じられない

数回テストを繰り返したがキャビテーションの発生は認められなかった

再度水道水ダイナミックテスト

再度水道水に戻りダイナミックテストを行った。

キャビテーションの発生、湧き上がりは見られる


結果報告

1深層水Gmoと水道水に超音波透過性に差がある

2高輝度信号の発生は水道水に明らかに多く認める

3水道水高輝度信号に比較して深層水の高輝度信号は小さく輝度レベルは強い

4多重反射アーチファクトの輝度が深層水が高い

5ダイナミックテストにによるキャビテーションの発生頻度は水道水に著明に認める

結論 超音波で水道水とGmoを識別可能である

その他の実験、

①超音波美顔器1MHzバースト波照射実験

水道水

多重反射アーチファクト



バースト波を受信している




多重反射アーチファクト、水道水よりエコーレベルは高い


バースト波を受信している、水道水よりエコーレベルは高い


海洋深層水Gmo


バースト波は高輝度右傾斜縞模様を呈している



連続波は左傾斜縞模様を呈していてエコーレベルは低い

②超音波美顔器1MHz連続波照射実験

海洋深層水Gmo



結果の推測

写真で見れるようにお互いのビームは直交して照射されています。私の推測では周波数の位相の状態により右縞、左縞模様と表示されたものであり、連続波とバースト波の違いによるものではなく、美顔器の照射周波数が異なる、つまりどちらかは1MHz帯域ではないのではないかと推測されます。結論はおそらく出せないでしょう

水のクラスタのマトリックス構造化

水分子

水分子は図のように水素と酸素の化学結合で構成され、水素と酸素に分かれた極性を持つ

 水道水などの自由水はランダム極性の磁場であり電子双極線の位相は雑でそろっていない、                  そのためフォトン光子も方向性が無く拡散しエネルギー順位は低い                  

                                  

                   

                   

                  

                   

                  












海洋深層水 は圧力により分子密度は高いいわゆるクラスタの小さいマトリックス化された極性の磁場であり電子双極線の位相はそろい磁束密度もそろういわゆる永久磁石化した水と想像する。そのためフォトン光子も方向性を持ち周波数の同調されたフォトンを永久に放出し周囲の水に同期し調律をそろえる。Gmoは表層水、中層水、深層水を調合して作られているので3種類のフォトン光子周波数を持ち合わせたハイブリッド調合と示唆する

またバランスの良いミネラルバランス、これを超電導理論で考えた場合ミネラル成分がピ二ングセンターとなり、安定した磁場を作っているのではないかと示唆する。マックスウェルの方程式とくに磁場境界面の条件等で理解に近付く                  







調律水テスト

超音波プローブ

大粒のソノルミネッセンス

調律水フォトン光子量10の11乗

Gmoは10の3乗







発光体は点滅しながら楕円形に膨らんで観察された

底面エコー多重反射アーチファクト

帯状領域は位相のそろったアーチファクト?

サイドローブアーチファクト?



底面エコー

2020年09月29日先端技術昔ながらの匠のアイディア情報、健康と環境復興改善研究




2020年09月27日先端技術昔ながらの匠のアイディア情報、健康と環境復興改善研究






2020年09月25日先端技術昔ながらの匠のアイディア情報、健康と環境復興改善研究










2020年09月23日先端技術昔ながらの匠のアイディア情報、健康と環境復興改善研究








2020年09月20日先端技術昔ながらの匠のアイディア情報、健康と環境復興改善研究












2020年09月19日先端技術昔ながらの匠のアイディア情報、健康と環境復興改善研究








2020年09月16日先端技術昔ながらの匠のアイディア情報、健康と環境復興改善研究






周丸の省エネシステムについて

周丸のシステムと整備の方法について
CIMG2197.JPGCIMG2195.JPG周丸のエンジンはヤンマーD27船外機です
その性能は
ディーゼル船外機へのチャレンジ
 漁船からプレジャーボートまで船内機市場では圧倒的
な実績を誇る当社ディーゼルエンジンであったが、船外
機はガソリンエンジンが市場の 100%を占めていた。
 この市場に参入するため、研究部門で得た成果を受け
て 1983(昭和 58)年5月にディーゼル船外機開発プロジェ
クトを発足させ、D18 形を皮切りに研究開発がスター
トした。
 ディーゼルエンジンは熱効率に優れ、極めて経済的な
エンジンである一方、頑強な構造が求められるため、ど
うしてもガソリンエンジンより大きく重くなる。また、
当時の主流であった2サイクルガソリンエンジンに対し、
“重量当たり出力”および “出力当たり製造コスト”で大
きなハンディキャップがあった。
 当社は長年にわたるディーゼルエンジン開発の技術と
ノウハウを結集してこれらの課題に取り組み、前述した
超小形・超高圧の燃料噴射装置ユニットインジェクタや
アルミ製シリンダブロックとヘッドの一体成形、海水直
冷構造、オーバーヘッドカムの採用などによって超軽量・
高速エンジンを開発。1985 年1月に世界初のディーゼ
ル船外機 D27 形(27 馬力)200 台を限定発売し、1987
年4月には D27 形および D36 形(36 馬力)の本格販売
を開始した。これらの商品はガソリンエンジンに比べて
低燃費であるため環境保全への貢献が認められ、社団法
人・日本機械工業連合会から 1989 年度の優秀省エネル
ギー機器に選出された。
 ディーゼル船外機は、その後も改良を重ねて国内外で
事業編
マリン事業
1980(昭和55)年~ 1993(平成5)年
450 451
2GM20形(18.2馬力 1980)
ボーデン湖 ヤンマーマリンファーム(1988)
4LH-STE形(230馬力 1987)
6LP-STE形(300馬力 1996)
パワーボート
販売を続けたが、1993 年の円高不況による販売台数の
激減が採算悪化に拍車をかけた。また、各国の排出ガス
規制が強化されるなか、ディーゼル船外機のカテゴリー
が無いため舶用主機の規制が適用されるという不利な状
況もあって 2007 年に販売活動を停止した。シリーズの
累計販売台数は約1万 2,300 台であった。
業の6次産業の構築で漁船周丸を整備中
写真は周丸 1.9 トン:駕籠漁や流し網、刺
し網の標識に2本の旗を装備
ミニジャンボ竿はオヤジの形見のイシ鯛竿(オヤジは昭和40年代ごろ購入し一度も使わ
なかった)
CIMG2194.JPGヤンマーディーゼル船外機 D27 搭載で燃費は良いが馬力不足とダイナモ増設による電源確
保が困難なため
CIMG2200.JPGCIMG2198.JPGCIMG2203.JPGCIMG2204.JPGCIMG2202.JPGCIMG2199.JPGCIMG2201.JPG太陽光発電で計器や巻き上げ機、照明設備の電源供給として太陽光発電パネル2枚に11
0Ahr バッテリー2個をそれぞれ12ボルト独立型電源システムでテスト中
省エネを目的としており、照明設備は LED 採用
魚群探知機および GPS は小サイズの画面で省エネを図り
航行はコンパスと山あてで無駄な電気の利用を控えている
巻き上げ機は電気を食うので、電動リール CX4 で引き縄漁やマグロ1本釣りを行っている
私は体力が無いのでマグロはゆっくり上がってきた方が絞めの準備ができて好都合